スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
霧。
2006/12/30(Sat)
行き場のない気持ちが心を塞ぐ。


つらい。

さみしい。

くるしい。



けれど


ここで私ががんばることをやめたなら


その瞬間にすべてが終わる。


歯を食いしばってでも


がんばらなきゃ。


がんばらなきゃ。


がんばらなきゃ。。。












こころが、折れそう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(7) | ▲ top
好きという気持ち
2006/12/28(Thu)
20年間生きてきて

誰かを想って

こんなにも胸が苦しくなったり

温かくなったりすることはありませんでした。


誰かを想うだけで

涙がこみあげてる感情があるなんて

知りませんでした。


顔を見ると嬉しくて

笑顔を見るともっと嬉しくて


側にいられると

「嬉しい」というより「幸せ」で。


胸の奥がぎゅうっと締めつけられたり

喉の奥がきゅうっと痛くなったり

それでもどこかに、幸せを感じる。


それまで知っているどんな感情とも似つかない

特別な感情。


彼と出会って

初めて知った感情。



「好きってどんな感情なの?」

と、彼に聞かれることがあるけれど

「好きっていう言葉でしか表現できない感情」

としか、私には答えられない。


体全身から「好き」って気持ちがあふれてしまう。


今日も私は、そんな気持ちで、彼を想っています。



  ↑応援よろしくお願いします
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(0) | ▲ top
クリスマスの涙
2006/12/26(Tue)
彼と出会って三回目のクリスマス。

今年も、無事、彼と過ごすことができました。


イヴの夜は一緒にチキンを食べて

互いにプレゼント交換をして。



幸せで、幸せで、

夢なんじゃないかって思っちゃって

何度も彼にくっついて、現実であることを確かめました。
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(3) | ▲ top
弱い
2006/12/23(Sat)
嫌だな。


ちょっとした不安が


シミのように広がって


弱い私の心を


巣食ってく。


大丈夫。


これからなんだ、大丈夫。


あの頃に比べれば


側にいられるだけで幸せだもん。





・・・弱い自分が嫌い。



  ↑応援よろしくお願いします




この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(3) | ▲ top
後輩の笑顔
2006/12/21(Thu)
先日、後輩と飲んで来ました。

この後輩は今、とても苦しい恋をしていて、

その話をいろいろと聞いてきました。


後輩は涙がこぼれないよう

こらえたような顔をして何度も笑った。


悲しい笑顔を見ることほど、心が痛むことはない。


「どんなに苦しくたっていいから彼の側にいたいです」

「それでも、好きなんです」

後輩の言葉が胸に刺さった。

まるでこの前までの私を見ているようだった。


どうして、報われない想いなんてあるのだろう。

こんなに苦しんで、でも負けないでいるのに。

その人以外なんて考えられないくらい好きでいるのに。


なんとかして苦しみから解放してあげたいけれど

私には何もできるわけなんてなくて。

話を聞いてても、何ていったらいいのか分からなかった。


幸せになってほしい。

本当に、いい子だから。

彼女が心から笑える日が、

えぐるような苦しみから開放される日が、

早く来てくれたらと

そう願うしか、私にはできませんでした。



  ↑応援よろしくお願いします
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(0) | ▲ top
充電
2006/12/21(Thu)
昨日、こないだのドタキャンの埋め合わせに

デートに連れて行ってもらいました。

車で二時間くらいかけて、自然公園みたいなところの

イルミネーションを見に行きました。

とっても寒かったけれど

心も、つないだ手も、とても温かかった。

この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(4) | ▲ top
お弁当
2006/12/19(Tue)
土曜・日曜日と、彼は一日バイトで

私はお弁当を作って

彼の家に朝、届けていました。

お弁当作ってもらうの、嬉しいんだって。

だから毎朝6時とかに起きて作ってました。

彼が喜ぶなら何だってしたいし

好きな人に「ありがとう」といってもらえるのって幸せ。

こちらこそ「ありがとう」って言いたくなるよ。

好きな人のために何かができるのって

幸せなことだなとしみじみ思う。

それすらできなかったあの半年間があったからこそ

得られる実感です。



  ↑応援よろしくお願いします
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(3) | ▲ top
憧れ
2006/12/16(Sat)
もう一度付き合うか否かの話し合いをしているとき
彼はわたしのことを憧れているんだといった。

この半年間、私と離れている間に
「人を好きになる」ということが
いったいどんな感情なのか忘れてしまったんだって。

「そういうの、なんかよくわからんくなった」と

彼はちょっと寂しそうに言った。

彼が言うには、そういう「好き」っていう感情を
私は本当に全身で表現しているというか
自分のそういう気持ちに揺るぎない自身を持っていて
そういうのがうらやましいのだと言う。

まあ、貴方に向けられた感情ですよと思いましたけど(苦笑)

そういうふうに、自分ももう一度
誰かのことを本気で好きになってみたいんだって

彼は言っていた。

すごく幸せで、すごく苦しいものだよっって私が言うと
彼は少し困ったように笑った。

そんな風にもう一度
彼に好きになってもらえるのか

そのときの感情は
今も変らず私の心の奥底にあって

ことあるごとに葛藤を引き起させる。

あんな風に憧れているとまっすぐに言われても
すごく、切なくなっちゃうよ。。。

それはつまり
私以外の誰かを本気で愛したいって

そういう意味だったから。。。




  ↑応援よろしくお願いします
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(4) | ▲ top
なんでだろ。
2006/12/15(Fri)
別にそこまで落ち込んでるというか

精神的にきついとは思っていないのに

なんでかな。

今日はやたらと呼吸が苦しい。。

うまく息ができてないような。



こういうときは

彼の声聞きたいなってちょっと思うけれど

なんとなく電話とかかけられない。

あんまり弱いところ見せたくないって

なんでか思ってしまって。

どうしてだろ。

今までは見せすぎなくらい

そういうところ見せてたくせに(苦笑



今日はゆっくりお風呂つかって

早く寝ようかな。

明日あの人は一日バイトで

お弁当、作ってあげることになってます。



こういうときは

ゆっくり寝るのがいちばんだよね。。



  ↑応援よろしくお願いします
この記事のURL | つぶやき。 | CM(0) | ▲ top
手紙
2006/12/15(Fri)
別れているとき、

苦しみとか悲しみとか

彼への想いとか

そういうのがいっきに破裂しちゃいそうになると

彼からの手紙を読み返してた。


付き合って初めての私の誕生日に

彼がくれた手紙です。
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(2) | ▲ top
どたきゃん。。
2006/12/14(Thu)
今日はデートのはずだったのに

ドタキャンされちゃいました。

忙しい彼と予定が合う日って
あんまりなくて

ずっと前から約束してた。
すごく、楽しみにしてた。

ドタキャンされたことより
されるような存在なんだなってことが

さみしかった。

やっぱり温度差、
感じちゃうなぁ。

仕方ないんだけどねっ。

平謝りされたから
もういいんだけどさ。


あー。。

久々に会えるの

すっごく楽しみにしてたのになぁ。。
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(4) | ▲ top
嬉しい友の言葉
2006/12/13(Wed)
先日、ある男友達に

瑠璃は本当に強いよなぁ

って言われた。


強い、といわれて、なんだか驚いた私。

私は自分のこと、よわっちい人間だって

いつも思っているから。

そんな自分のことを、

本当に情けないと、嫌だと思っているから。


辛いことがあると

逃げようとするのが人間だろ。

けど逃げようとせず

瑠璃は立ち向かっていっただろ。

ぼろぼろになっても、どん底に落ちても

逃げずに立ち向かえるってのは

とても強くてたくましいことなんだよ。



そう言われて、

なんだか救われたような気分になっちゃった。


最後に

しかも立ち向かい続けて手に入れちゃったんだから

ほんとすごいとおもったわー(笑)


と、笑われてしまった。笑



またちょっとがんばろうって

おもえた出来事でした☆



  ↑応援よろしくお願いします☆☆
この記事のURL | つぶやき。 | CM(0) | ▲ top
優しいけれど
2006/12/12(Tue)
彼は眠るとき、必ず腕枕をしてくれます。

そして、私を抱き寄せるような格好で眠りにつきます。

おとといの夜も、そんな感じで私達は眠ろうとしてました。

いつもならそのまま心地よく眠れるのに

その日はなぜか、彼のあたたかい体温が

私を切なくさせた。

そして、いつもなら言わないようなことを

私は言ってしまったのです。


この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(5) | ▲ top
くもり空
2006/12/11(Mon)
届かない。

いつか

届く日がくるのかな。

信じたいけれど

不安はおっきくなるばかり。

始まったばかりなんだから
これからなんだから

そう言い聞かせるけれど

どうがんばればいいのかも
よく分からなくなってきた。

どうしようもなく好きな気持ちは

ふくらんでくばかりなのにな。。
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(3) | ▲ top
甘えたい?
2006/12/10(Sun)
それは昨日のこと。

私がベッドの上にうつぶせになってテレビを見ていると

彼が私の上に、同じくうつぶせに乗っかってきて

私の背中に顔をぴっとりくっつけてきた。

はたから見ると二人の全体図はカメさんみたい。
(私がカメ本体で彼が甲羅?)

なぜそんな風に下にずれて私にくっついてくるのか
よく分からないけれど

依然付き合っていたとき、
このポーズは彼が甘えたいときに特によく見られたものだった。

昨日は彼の態度、
そんないつもと違って見られなかったけれど

「甘えたいのかしら?」と何となく思った。

まだまだがっつり甘えてこれるほど

二人の距離は近づいてないらしい。

けれど少しずつ、近づいている気はする。

彼が安心して甘えられるように

私もしっかりしなきゃだ。




  応援よろしくお願いします☆☆
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(4) | ▲ top
ことば
2006/12/09(Sat)
言葉なんて信じないって

彼と別れた時に思った。


言葉なんて

所詮は一時の感情を口にしているだけで


頼るには

信じるには

支えにするには


あまりに脆いものなんだって

そう思った。


だけど

そんな言葉に

救われたことがあるのも事実で。

彼からもらった言葉で

どれほど幸せな夢を見れたかもわからない。



言葉って大事。

だけどその奥にあるものを見なくちゃいけない。



後輩に恋愛相談を受けて

人間の言葉のもろさについて

なんだか考えさせられました。





  応援よろしくお願いします☆☆
この記事のURL | つぶやき。 | CM(0) | ▲ top
久しぶりのデート
2006/12/08(Fri)
昨日、彼と久しぶりにデートしてきました。

市内に行って、落ち着いた感じのレストランでご飯食べて、

大通りのイルミネーションを見て歩きました。

去年も見にいったイルミネーション。

あれから1年か、と思うと

なんだかあっという間のように感じる。

けれどこの日を迎えるまでに

本当にいろいろあったんだよね・・・。

こうしてまた二人で見に来れるなんて。

まばゆいイルミネーションを眺めて

本当に奇跡みたいだなって思った。

この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(4) | ▲ top
雨。。。
2006/12/07(Thu)
今日は彼とデートの約束してます。

イルミネーション見にいきたいって言ったから

つれてってくれることになったのです☆

しかし。

外は暗いしじとじと雨が降っております。

貴重な彼との時間なのに、なんてこった;;


最近、会うたびに少しずつ、

彼の雰囲気がやわらいでいる感じがします。

ふっと抱き寄せてくれる瞬間が

たまらなく愛おしいです。


今は「好き」といっても

「うん」って返ってくるだけだけど

いつか彼にも「好き」って言ってもらえるよう

前向いてがんばろう!

この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(3) | ▲ top
譲れないもの
2006/12/07(Thu)
前回の記事にもさらっと書いたのですが、

母とこの間大喧嘩しました。

理由は簡単で、私が彼とよりを戻したからです。


まあなんというか、意見の違いですね。



 
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(2) | ▲ top
目を覚まそう
2006/12/05(Tue)
たっぷり寝たら、胸のつかえがすっきりした私です。

なんだか私、急ぎすぎてたのかもなあ。

考えてみれば付き合いだしたとはいえ、

まだまだ私の片思いなんだから

してもらえないことばかりをうらんでどうすんだろ。

相手を思いやってあげることができなければ

絆なんて深まっていくわけないのに。

また同じ失敗を繰り返す前に気づけてよかった。



この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(4) | ▲ top
ぐるぐる
2006/12/05(Tue)
だめだなぁ、何を落ちこんでんだろ…。

例え私のことを好きじゃなくても

側にいられればそれで幸せだって

望んだのは自分のくせに。

振り回されてるとか


何思ってんだろう私。


全ては彼の都合と気分次第。


そんなの仕方のないことなのにね…。


久しぶりに、

彼の身勝手さに心底腹が立ってしまった。



あー、もう。


これからなんだから


がんばろう。
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(0) | ▲ top
会いたくて
2006/12/04(Mon)
何年か前に、書店で少し目を通した

北川悦吏子さんの詩集。

その中に、こんな言葉があった。







 あなたに会えなくて、さみしいんじゃない

 会いたくて、さみしいのだ






はっきりと覚えてるわけじゃないけど、

確かこんな言葉だったと思う。



今の私はまさにこんな気持ち。




会いたくて、さみしい。




とてもさみしい。









・・・12月4日。



去年は二人で



1年半記念をお祝いしたなぁ。





いくら考えたって

どうしようもないことだけど。





 応援よろしくお願いします☆☆
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(3) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。