スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
また、ふりだし。
2007/02/05(Mon)
先日、彼と久しぶりに会いました。

すごく緊張して 始めはなかなかうまく話せなかったけれど

会えて、すごく嬉しかった。

とってもとっても、嬉しかった。


けれど。

なんだか感じてしまう違和感。

こないだまでよくなりつつあった彼の空気が

なんだかとてもよそよそしくて冷たい。

あれだけがんばって時間をかけて

もう一度すこしずつ育ててきたモノが

また壊れてばらばらになっちゃった。

そんな感じでした。
何より、彼がやたらと帰りたがる。

何かあるん?って聞いても

別に何もないけどって返ってくる。

だけど、私のところにはいたくない。そんな感じ。

せっかく会えるの久しぶりだったのに

心がすり減ってくような気分だった。

「もうちょっと、側にいてくれないかなぁ?」

体調が悪いときは、特に側にいてほしいって思ってしまう。

けどそんな私の言葉も、今の彼にとってはうっとおしいだけだったようで。。。

いくつか言葉を交わしたあとで

彼は「やっぱり無理かも。。。」とつぶやいた。

「やっぱり、つきあっとくの無理かも。ひとりの方が楽。」

そう、言った。

私は泣いて泣いて、やっぱり彼を引き止めた。

そばにいたいということ。

もう少しで離れ離れになる、それまで少しでも近くにいたいということ。

必死で伝えた。

頭の片隅で何度も

『もう、彼を放してあげたら。。。?』って声がしたけど

結局わたしは自分の気持ちを曲げれなかった。

なんだかんだで、今回別れることにはならなかったけれど

私を「そばにおいとこう」っていう気持ちも

少しずつ大きくなりつつあった私への「すき」も

今はまた、ゼロになってしまったらしい。


どうして、どうして。


そう考え出すときりがないから

途方もない哀しさにつぶされそうだから

今はまた、ゼロからでも始めてゆくことだけを考えてます。



彼にもう一度、本気で

「すきだよ」と言ってもらえる日が来ることを希望に


あのころ、彼にまっすぐ

「すきだよ」と言ってもらえた思い出を支えに


また、がんばっていきます




 ↑ 応援よろしくお願いします★



スポンサーサイト
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(0) | ▲ top
<<前だけ向いて | メイン | 不調>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。