スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
嬉しいことば
2007/02/25(Sun)
私は今、実家に帰省しています。

昨日は、実家近くの病院にいってきたのです。


彼に病院に行ってきたことをメールで報告すると

昨晩、用事の合間をぬって電話をくれました。
薬を処方されたことを言うと、

やっぱりとても心配していました。

彼は「薬を出さなければ治らないくらい悪いのか」

と思ったようだけど

「パニック障害」という私の症状は

適切な治療を受ければ治るものだと話しました。


そうしたら、彼はこう言った。


「そうか、じゃあ今はまず体を治さんとね
 ゆっくり、治していきましょう」


なんだか「一緒にがんばろう」て言われてるみたいで

すごく救われた。


彼の言葉がすごく、嬉しかった。。
スポンサーサイト
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(2) | ▲ top
<<壊れた恋が実った日 | メイン | 病院>>
コメント
-  -
「治してね」
ではなくって
「治していきましょう」

うん。うれしいね。
言葉って、ほんとに重いんだなぁって思いました。
言い方ひとつで、ほんとに違うんだね。

無理をせずに、ゆっくりゆっくり。
2007/02/26 11:44  | URL | monn #-[ 編集]
-  -
●monnさんへ●

はい。すごく嬉しかったです。
言葉のチカラってすごいですよね。
言い方一つで、こうも力強いものになるなんて。。。
彼のあたたかい言葉に、感謝してます。

無理せず、ゆっくりでいいんですよね☆
2007/02/26 21:29  | URL | 瑠璃子 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。