スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
こないだの出来事。1
2006/11/17(Fri)
落ち着いたら書く、と言って書いていなかった話を書きます。

なんで今回彼に会って話すことになったのか。

その原因はこれから書く出来事にあります。

このことがきっかけで、彼との関係がどうなるってこと多分ない。

けれど私は、ますます彼のことが忘れられなくなったと思うよ・・・。



話は二週間前にさかのぼります。

一つ上の先輩達と私達の学年とが飲む、

わりと大規模な飲みが開催されたんです。

そこに、彼も参加してました。

彼を見かけるのは久しぶり・・・

そう思うとなんだか切なくて、苦しくて、

でも事情もあって、行かないわけにはいかなくて。。。
ちなみに寒いなか、外でその飲みはありました;;
(といっても大学構内)

友達や先輩とわりとわいわい飲んでいたんだけど、

彼のことがやっぱり気になって仕方のない私。

つい、彼のほうに目線がいってしまう。

そして切なくなってしまう。

なんだか彼も私を避けているような気がしてしまって

もうなんか、ぐっちゃぐっちゃな気持ちになってしまった。

そんな私に気づいた友達が気を使って、

「トイレに行きたいな。るりも行こ?」

って少しその場から連れ出してくれた。

トイレに入ったとたんに私は泣き崩れた。

「分かれてもうすぐ半年なのに、ちっとも楽になんてならない。
 忘れることだってできない。
 なんで少しも楽にならんの、苦しいよぉ。。。」


友達はそんな私の背中を、ずっとさすってくれていた。


再び飲みの中に戻っていった私は、それはもう、飲みに飲みました。

正直、やけでした。

そしてみごとな勢いでぶっつぶれました。苦笑


その後の記憶はすごく断片的で、

ひたすら友達に介護してもらっていた気がする。。。

気づいたら私は大学内のロビーにいて、

すごく激しい気持ち悪さを伴いながら泣いていた。


よく覚えてないけれど、私はずっと彼の名前をうわ言のように呼んで

「私はもう幸せになれんくてもいいよ。

 私は幸せにこの先ずっと苦しくたっていい。

 だけど○○にはずっと幸せでいてほしいの。。

 これから先の、私の分の幸せを、全部彼にあげてほしい。

 私はこれ以上、望まないから、どうか彼は幸せでいて。。」


と、泣きながらずっと言っていたらしい。(恥。。。)



しかも私は途中から、過呼吸のような症状も起こしていたらしい。

うまく息ができず、息苦しさも訴えていたのだという。

(本当にその場にいた友達には迷惑をかけました。。。)



どのくらいそこにいたんだろう。

激しい吐き気と悲しみの中で、ひたすら苦しみ続けていた私の耳に

聞きなれた声がした。




「瑠璃子」




顔を上げるとそこには彼がいた。


彼は私と(私が座っていた)ソファーの間に入り込んできて


私を抱えるような形で介護をし始めた。



たまらなく優しい、あの顔をして。






スポンサーサイト
この記事のURL | 大好きだった人。 | CM(2) | ▲ top
<<こないだの出来事。2 | メイン | 答えが出る日>>
コメント
-  -
う~~続きが気になる。。。

優しいのかな?
残酷なのかな?

この二つって、全く違うようで、すごく近い気がする。
私の彼は残酷な人だったよ。
だけどそれを優しいと感じるほど、私は愛していたけれど。
2006/11/18 23:43  | URL | キミ #-[ 編集]
-  -
続き、書いたのでぜひ読んでみてください☆

うーん、残酷ですかね・・・
そのときの彼はすごく優しかった。
けれど優しい顔してとても残酷なことをした、そんなかんじです・・・
それを幸せだと思ってしまう私もどうしようもないんですけれど;
2006/11/19 23:52  | URL | 瑠璃子 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。